初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

Moto3™クラスプレビュー

Moto3™クラスプレビュー

緒戦に続き、接戦の展開が予想される中、ヤングライダーたちが総合1位のアントネッリに挑戦。

第2戦アルゼンチンGPは、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで5月1日(金)に開幕、3日(日)に決勝レースが行われ、開幕戦カタールGPで優勝したニッコロ・アントネッリがポイントリーダーとして、ライバルたちの挑戦を受ける。

今シーズンも期待を裏切らない接戦で幕が開けた軽量級において、開幕ダッシュを決めたのは、タイトル獲得候補の1人、参戦5年目を迎えたアントネッリ。週末の連続転倒を克服し、昨年10月の第15戦日本GPに続く優勝で、キャリア初となるポイントリーダーに飛び出すことに成功。

ポイントリーダーに挑戦するのは、優勝争いを繰り広げた総合2位のブラッド・ビンダー、総合3位のフランセスコ・バグナイア、総合4位のロマーノ・フェナティ、総合5位のエネア・バスティアニーニ、総合6位のニコロ・ブレガ、総合7位のホルヘ・ナバーロ、総合8位のリビオ・ロイ。

決勝レースでは、13位に後退したファビオ・クアルタラロは、オフィシャルテストと週末のプラクティスでは上位に進出。昨年は6位に進出すれば、9位のフィリップ・エッテルと10位のヤコブ・コーンフィールも昨年は14人による2位争いに加わっていた。

開幕戦で18位の尾野弘樹と28位の鈴木竜生は、昨年13位と27位で完走した経験を活かして、ポイント圏内の進出を目指す。

Tags:
Moto3, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›