初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

クラッチロー:「僕はMotoGP™のフェルナンド・アロンソ」

クラッチロー:「僕はMotoGP™のフェルナンド・アロンソ」

過去5年間を振り返り、誤った時期にチームを移籍したことを認めた。

LCR・ホンダのカル・クラッチローは、昨年3位表彰台を獲得した第2戦アルゼンチンGPを前に、開幕戦カタールGPが開催されたロサイル・インターナショナル・サーキットで、モンスター・ヤマハ・テック3、ドゥカティ・チームを経由し、2015年から所属するLCR・ホンダから迎えた参戦6戦目の心境を語った。

「数年間、ファクトリーと共に成長した感じがあるけど、困難な状況に見舞われた時期があった。まるでMotoGP™のフェルナンド・アロンソのようだった。誤った時期にチームを移籍してしまった。チームを退団した後に状況が好転に向かってしまった!自分が下した決断に後悔はない。その時期、その時期に決断を下すだけの正しい理由があった。」

「時々、過去を振り返り、『あ~、もしかしたら、他のバイクを走らせていたら、今週末は簡単だったかもしれない』と考えるけど、自分ができる中で全力を尽くすしかない。2年連続して、LCR・ホンダから参戦することはナイスだ。ホンダと密接に作業を進め、最高の仕事をするために懸命に働いている」と、本音を語った。

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, Cal Crutchlow, LCR Honda

Other updates you may be interested in ›

Box Repsol
Repsol Honda ArgentinaGP Preview

2 years ago

Repsol Honda ArgentinaGP Preview