初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

シリーズ2戦目の共同会見にロレンソ、ドビツィオーソ、マルケス、ロッシ、エスパルガロ弟、エルナンデェスが出席。

第2戦アルゼンチンGPのプレスカンファレンスは31日、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドのプレスカンファレンスルームで行われ、6名のMotoGP™ライダーたちが出席した。

開幕戦カタールGPで優勝を挙げ、ポイントリーダーとして出席したホルヘ・ロレンソは、「これ以上にないスタートを切ることができた。沢山の疑問があり、ミシュランのパフォーマンスを心配していたけど、安定していて、終盤にグッドなレベルがあることを確認した。今は全てが異なるから、今週末を確認したい。」

「カタールでは、事前にテストを実施することができ、それがアドバンテージになった。今回はそれほど時間がないから、最初から速く走らなければいけない。トラックが好き。最も楽しいトラックの1つ。過去は、タイヤが原因でグッドなレースではなかったけど、今年は戦闘的になれると思う。」

「将来に関する状況は、カタールと同じ。今は2連戦に集中する必要がある。正直、(契約に関しては)あまり話したくない」と、注目される来季の就任先により、週末に集中することを強調。

開幕戦で2年連続の2位を獲得し、昨年当地で2位を獲得したアンドレア・ドビツィオーソは、「カタールの結果は昨年と同じだけど、正確には同じではない。週末を通じて上位に進出できなかったけど、改良することができ、最後には表彰台を獲得することができた。集中し、タイヤとセットアップを理解する必要がある。週末の天候を確認しよう」と、週末の課題を説明。

開幕戦で3位を獲得し、2年前に当地で優勝、昨年接触転倒リタイアを喫したマルク・マルケスは、「(飛行機のエンジントラブルが原因で)60時間の移動の後、昨夜ようやくサーキットに到着した。カタールのフィーリングを確認しよう。大好きなトラック。初日のレベルを確認しよう。」

「カタールの3位が嬉しかった。まだ電子制御が100%ではないけど、優勝者から数秒差でフィニッシュし、改良すべきところが分かったから嬉しい。昨年はシーズンを通じて、ほとんど同じタイヤを選択したけど、今年はプラクティスでベストなオプションを見つけることが重要」と、タイヤ選択が鍵となることを説明。

開幕戦で4位に進出し、昨年優勝を挙げたバレンティーノ・ロッシは、「カタールは最終的にそれほど悪くなかった。トップグループに位置し、レースは高速だった。不運にも目標の表彰台で終われなかった。タイヤ選択が大きなオプションとなるから、最善の選択が必要。」

「今季は沢山のライダーたちが速い。昨年は表彰台を獲得するには、それほど速く走る必要はなかったけど、今年はそれでは十分ではない」と、昨年より競争力が高いことを強調。

開幕戦でサテライト勢の最高位となるインディペンデントチームライダー部門のトップフィニッシュを決めたポル・エスパルガロは、「カタールでは、みんながナーバスだった。僕も神経質な状態で始まり、スタートでタイムロスしてしまったけど、最後にはポジションを巻き返した。レース序盤を良くしなければいけない」と、週末の課題を説明。

最高峰クラスで唯一の南米出身者として、アルゼンチンに乗り込んで来たヨニー・エルナンデェスは、「僕にとってはホームレース。沢山の応援が受けられる。コロンビアを代表してレースに参戦できることが嬉しい。グッドなレースをして、ポイントを稼ぎたい」と、週末の目標を説明した。

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, Valentino Rossi, Pol Espargaro, Marc Marquez, Jorge Lorenzo, Yonny Hernandez, Andrea Dovizioso, Repsol Honda Team, Monster Yamaha Tech 3, Movistar Yamaha MotoGP, Ducati Team, Pull & Bear Aspar Team, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›

Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
ミラーはアルゼンチンに自信

2 years ago

ミラーはアルゼンチンに自信