初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:バスティアニーニが連続の1番時計

フリー走行2:バスティアニーニが連続の1番時計

バスティアニーニ、フェナティ、ミニョのヤングイタリアンがトップ3に進出。尾野と鈴木は19番手と30番手。

第2戦アルゼンチンGPのフリー走行2は1日、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、総合5位のエネア・バスティアニーニがトップタイムをマーク。初日総合1番手に進出した。

気温32度、路面温度51度のドライコンディションの中、フリー走行1で1番手に進出したバスティアニーニは、3度のコースインで13ラップを周回すると、1分52秒台を2回、1分51秒台を5回記録。1分51秒137の1番時計を刻んだ。

フリー走行1で8番手のロマーノ・フェナティは、3度のコースインで14ラップを周回すると、1分52秒台を4回、1分51秒台を5回記録して、0.105秒差の2番手に浮上。

フリー走行1で26番手のアンドレア・ミニョは、3度のコースインで14ラップを周回すると、1分52秒台を5回、1分51秒台を2回記録して、0.166秒差の3番手に入り、自己最高位に進出。

フリー走行1で3番手のブラッド・ビンダー、フリー走行1で4番手のホルヘ・ナバーロ、フリー走行1で2番手のリビオ・ロイ、フリー走行1で15番手のフアンフラン・グエバラ、フリー走行1で10番手のファビオ・クアルタラロ、フリー走行1で13番手のフリップ・エッテル、フリー走行1で17番手のニコロ・ブレガがトップ10入り。

フリー走行1で11番手だったニッコロ・アントネッリは、15ラップ目の1コーナーで今季4度目の転倒を喫して、0.476秒差の11番手。

フリー走行1で14番手の尾野弘樹は、2度のコースインで14ラップを周回すると、1分52秒台を6回記録して、1.198秒差の19番手。フリー走行1で22番手の鈴木竜生は、3ラップ目の9コーナーで今季初転倒を喫したことが影響し、唯一ラップタイムを更新できず、3.925秒差の30番手だった。

フリー走行2
フリー走行総合

Tags:
Moto3, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, FP2, Andrea Migno, Enea Bastianini, Romano Fenati, Gresini Racing Moto3, SKY Racing Team VR46, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
#TBT: ディエゴ・マラドーナに捧げる勝利

10 months ago

#TBT: ディエゴ・マラドーナに捧げる勝利

Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
ミラーはアルゼンチンに自信

10 months ago

ミラーはアルゼンチンに自信