初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、初日は総合7番手

ロッシ、初日は総合7番手

路面状態と気象状況が原因で困難な初日になったことを説明。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、昨年後方から追い上げて優勝を挙げた第2戦アルゼンチンGPの初日に6番手と7番手。トップタイムから0.986秒差の初日総合7番手に進出した。

「全員にとって難しい1日となった。コンディションは困難。トラックは非常に汚れていて、午後には良くなったけど、非常に滑り易かった。その上、路面温度が非常に高かったから、ペースを維持するのが難しかった。グリップ不足に少し苦しんだ。」

「フロントタイヤも良くなかった。セッティングをステップ・バイ・ステップで改良する必要があり、トラックコンディションが良くなることを期待する。雨が降らず、気温が下がることも願う」と、困難な初日になった理由を説明した。

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, FP2, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ミシュランのタイヤガイド

10 months ago

ミシュランのタイヤガイド