初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ビニャーレス、2戦連続の好発進

ビニャーレス、2戦連続の好発進

初転倒を喫したが、開幕戦に続く快走リズムで3番手に進出。

チーム・スズキ・エクスターのマーベリック・ビニャーレスは、昨年10位に進出した第2戦アルゼンチンGPの初日に4番手と3番手。トップタイムから0.468秒差の初日総合3番手に進出した。

フリー走行2の10ラップ目3コーナーで今季初転倒を喫したが、15ラップの周回で1分42秒台を6回記録した後、「今日は良い仕事をした気分だ。僕たちは沢山前進し、トラックコンディションに応じてグッドなペースで走った。クラッシュは僕のミス。コーナーで少しはらんでしまい、汚れたところに乗ってしまった。ちょっとした転倒で、このトラックコンディションでは簡単にミスを犯してしまう。」

「今日の仕事は、非常に重要。グッドなペースを刻み、ファーストラップは悪くなかった。2セットのタイヤを試し、消耗したタイヤと新品タイヤに自信がある。まだ沢山働く必要があり、トラックのコンディションは、まるでタマゴの上を歩くような感じで少しトリッキーだけど、これから全員が大きく前進するだろう。」

「その上、明日の天候は不安定だから、雨が降るか、路面のグリップが良くなるか、様子を見なければいけない。素早く順応する準備が必要だけど、現時点で快適さを感じる」と、初日の進歩と転倒を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, FP2, Maverick Viñales, Team SUZUKI ECSTAR, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ベストスローモーション

8 months ago

ベストスローモーション