Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:マルケス&ペドロサが1-2番手に進出

フリー走行2:マルケス&ペドロサが1-2番手に進出

ホンダ勢のマルケス、ペドロサ、ミラー、クラッチローがトップ5に進出。ビニャーレスは3番手、ロッシとロレンソは7番手と13番手。

第2戦アルゼンチンGPのフリー走行2は1日、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、総合3位のマルク・マルケスがトップタイムをマーク。初日総合1番手に進出した。

気温33度、路面温度53度のドライコンディションの中、フリー走行1で2番手だったマルケスは、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分42秒台を5回、1分41秒台を最多の2回記録。1分41秒579の1番時計を刻んだ。 

フリー走行1で7番手のダニ・ペドロサは、4度のコースインで16ラップを周回すると、1分42秒台を3回、1分41秒台を1回記録して、0.025秒差の2番手に浮上。

フリー走行1で4番手のマーベリック・ビニャーレスは、10ラップ目の3コーナーで今季初転倒を喫したが、3度のコースインで15ラップを周回すると、1分42秒台を6回記録して、0.468秒差の3番手に進出。

フリー走行1で8番手のジャック・ミラーは、3度のコースインで17ラップを周回すると、1分43秒台を2回、1分42秒台を3回記録して、0.768秒差の4番手。フリー走行1で20番手のカル・クラッチローは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分43秒台を2回、1分42秒台を3回記録して、0.872秒差の5番手に入り、トップ5に4台のホンダ勢が進出。

フリー走行1で10番手のスコット・レディングは、0.879秒差の6番手に浮上。フリー走行1で6番手のバレンティーノ・ロッシは、3度のコースインで最多の19ラップを周回すると、1分43秒台を6回、1分42秒台を2回記録して、0.986秒差の7番手。

フリー走行1で5番手のアレイシ・エスパルガロは、3ラップ目の9コーナー、13ラップ目の1コーナーで転倒を喫して8番手に後退。フリー走行1で9番手のブラドリー・スミスは9番手を維持。フリー走行1で1番手に進出したアンドレア・ドビツィオーソは、1.056秒差の10番手に後退。

フリー走行1で17番手のポル・エスパルガロは、17ラップ目の1コーナーで週末2度目の転倒を喫して、ユージン・ラバティに次ぐ13番手。

フリー走行1で12番手のホルヘ・ロレンソは、4度のコースインで14ラップを周回すると、1分43秒台を3回、1分42秒台を1回記録して、1.240秒差の14番手。

フリー走行1で18番手のアンドレア・イアンノーネは、3度のコースインで最多の19ラップを周回すると、1分43秒台を3回、1分42秒台を2回記録して、1.374秒差の15番手。

フリー走行1で3番手のヨニー・エルナンデェスは、今季2度目の転倒が影響して17番手に後退した。

フリー走行2
フリー走行総合

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, FP2, Maverick Viñales, Dani Pedrosa, Marc Marquez, Team SUZUKI ECSTAR, Repsol Honda Team, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
#TBT: ディエゴ・マラドーナに捧げる勝利

8 months ago

#TBT: ディエゴ・マラドーナに捧げる勝利

Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
ミラーはアルゼンチンに自信

8 months ago

ミラーはアルゼンチンに自信