初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミラー:「危機一髪だった」

ミラー:「危機一髪だった」

最高峰クラス2年目でベストスタートとなる4番手、ホンダ勢の3番手に進出。

エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDSのジャック・ミラーは、昨年オープンオプション勢の最高位となる12位に進出した第2戦アルゼンチンGPの初日に8番手と4番手。トップタイムから0.768秒差の初日総合7番手に進出した。

「今日の展開がすごく嬉しい。ここでバイクはすごく機能するようだ。消耗したタイヤで強く、安定していたことが証明するように僕は速かった。トラックのコンディションは周回毎に変化するけど、上手く順応することができた。これがストロングな週末のスタートとなったことを期待する。」

「危機一髪だった。8コーナーでバレンティーノ・ロッシのバイクに接近してしまった。ブレーキングを少し遅らせ、もう少し手前で止まると考えたけど、少しだけ接触してしまった。問題なく避けられると考えたけど、不運にもそうではなかった」と、オーバーランの原因を説明した。

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, FP2, Jack Miller, Estrella Galicia 0,0 Marc VDS, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›