初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドビツィオーソ:「全ての感触は良い」

ドビツィオーソ:「全ての感触は良い」

フィーリングとフロント部分の改良で、ホンダ&ヤマハ勢に接近。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第2戦アルゼンチンGPの公式予選でポールポジションタイムから0.787秒差の5番時計を記録。開幕戦カタールGPに続き、明日の決勝レースを2戦連続の2列目から迎える。

初日総合10番手だった後、2日目はフリー走行3で9番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、14ラップを周回すると、1分41秒台を4回記録して6番手に浮上。「今日は重要でポジティブな1日だった。トラックコンディションは昨日より良く、バイクのフィーリングはすごく良い。フロント部分が改良されたから、ハードにプッシュすることができた。」

「決勝レースで上位陣、特にマルケスとロッシと一緒に走るのは簡単ではないだろう。しかし、全ての感触は良い。トライしなければいけない。トラックコンディションは変わっているから、明日の状況を考慮する必要がある。ウォームアップ走行で状況をしっかり確認しよう」と、2日目を振り返り、決勝レースの抱負を語った。

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, Q2, Andrea Dovizioso, Ducati Team, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›