初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、マルケスとの優勝争いを予想

ロッシ、マルケスとの優勝争いを予想

2年前は6番グリッドから4位、昨年は8番グリッドから優勝。今年は2番グリッドを獲得。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第2戦アルゼンチンGPの公式予選でポールポジションタイムから0.375秒差の2番時計を記録。3年目の開催となったアウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで初めて1列目に進出した。

初日総合7番手だった後、2日目はフリー走行3で10番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、17ラップを周回すると、1分41秒台を6回、1分40秒台を3回記録して、3番手に浮上。「バイクの良い仕事をしたからすごく嬉しい。トラックが大きく良くなったから、プッシュができるようになり、グッドなペースがある。」

「昨年のカタールとアルゼンチンでは、予選が悪かったけど、レースはファンタスティックだった。今年はグッドな予選だったけど、レースは明日。マルケスとのバトルは、彼が速いから厳しくなると考える。僕はそれほど悪くない。」

「重要なのは表彰台争いで、グッドなレースをすること。リアのハードタイヤに関しては、ミシュランの決断を待ち、使用すべきタイヤを理解する必要がある」と、2日目を振り返り、決勝レースの展開を予想した。

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, Q2, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›