初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ:「闘う準備ができている」

ロレンソ:「闘う準備ができている」

今季初転倒も初日総合14番手から1列目3番グリッドに浮上。

フリー走行総合2番手のホルヘ・ロレンソは、第2戦アルゼンチンGPの公式予選でポールポジションタイムから0.533秒差の3番時計を記録。開幕戦カタールGPに続き、明日の決勝レースを2戦連続の1列目に進出した。

初日総合14番手だった後、2日目はフリー走行3で2番手に浮上。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、11ラップ目に1コーナーで今季初転倒を喫したが、1分40秒台を1回記録して4番手に進出。「今日は全体的にベターな1日だった。セットアップで重要な進歩を果たすことができ、特にトラックは大きく良くなったから、非常に良い速いセッションとなった。」

「不運だったのは、フリー走行4でタイヤの問題により待機を強いられ、その後に転倒してしまったから、予選でバイクを乗り換える機会を失ってしまったけど、目標の1列目を獲得したからすごく嬉しい。」

「レースのタイヤアロケーションを確認しよう。しかし、僕たちは闘う準備ができていると考える。ミディアムタイヤを使用したい。もし、硬めのオプションで走る必要があれば、グリップがあまりないけど、上手くやれるだろう」と、タイヤ問題が影響にならないことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, Q2, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›