初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選2:マルケスが3年連続のポールポジション連取

公式予選2:マルケスが3年連続のポールポジション連取

フリー走行2から最速時計を連発したマルケスがトップグリッドを獲得。ロッシ、ロレンソが1列目、ペドロサ、ドビツィオーソ、イアンノーネが2列目に進出。

第2戦アルゼンチンGPの公式予選は2日、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、総合3位のマルク・マルケスが週末4度目のトップタイムをマーク。最高峰クラスで31度目、キャリア通算59度目、当地で3年連続のポールポジションを奪取した。

気温31度、路面温度41度のドライコンディションの中、フリー走行総合1番手のマルケスは、フリー走行4で1分40秒台を最多の5回、1分39秒台を1回記録。1分39秒882の1番時計を記録した後、公式予選2は、フリー走行3に続き1コーナーで2度目の転倒を喫したが、1分39秒411の1番時計を刻んだ。

フリー走行総合10番手のバレンティーノ・ロッシは、フリー走行4で1分40秒台を3回記録して3番手に浮上した後、公式予選2で0.375秒差の2番手に進出。

フリー走行総合2番手のホルヘ・ロレンソは、フリー走行4で今季初転倒(1コーナー)を喫したが1分40秒台を1回記録して4番手だった後、公式予選2で0.533秒差の3番手に入り、開幕戦に続き2戦連続の1列目に進出。

フリー走行総合6番手のダニ・ペドロサは、フリー走行4で1分40秒台を3回記録して5番手だった後、公式予選2で0.600秒差の4番手に進出すれば、フリー走行総合9番手のアンドレア・ドビツィオーソは、フリー走行4で6番手だった後、公式予選2で0.787秒差の5番手。

フリー走行総合3番手のアンドレア・イアンノーネは、フリー走行4で1分40秒台を2回記録して2番手だった後、公式予選2で 0.861秒差の6番手。フリー走行総合5番手のマーベリック・ビニャーレス、フリー走行総合4番手のエクトル・バルベラ、フリー走行総合8番手のカル・クラッチローが3列目に進出。

フリー走行総合12番手のポル・エスパルガロは、公式予選1で2番手、公式予選2で10番手。フリー走行総合7番手のアレイシ・エスパルガロは11番手。

フリー走行総合13番手のブラドリー・スミスは、公式予選1で1番手、公式予選2で今季3度目の転倒(1コーナー)を喫して12番手。フリー走行総合14番手のロリス・バスは、公式予選1で3番手。

フリー走行総合17番手のスコット・レディングは、フリー走行4で技術的な問題でマシンが破損したことから、2号車に乗り換えた公式予選1で4番手。フリー走行総合11番手のジャック・ミラーは、公式予選1で連続転倒が影響して5番手。

フリー走行総合15番手のミケーレ・ピロは、公式予選で8番手。フリー走行総合20番手のミヨニー・エルナンデェスは、技術問題が発生して、最後尾の11番手だった。

公式予選2
公式予選1
フリー走行4
スターティンググリッド

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, Q2, Jorge Lorenzo, Valentino Rossi, Marc Marquez, Movistar Yamaha MotoGP, Repsol Honda Team, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
公式予選:ビンダーが初のPP奪取

8 months ago

公式予選:ビンダーが初のPP奪取

motogp.com
ベストスローモーション

8 months ago

ベストスローモーション