初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:マルケスが今季初優勝で総合1番手に浮上

決勝レース:マルケスが今季初優勝で総合1番手に浮上

安全面を考慮したフラッグ・トゥ・フラッグが実行された中、マルケスが独走優勝。ロッシ、ペドロサが表彰台。ロレンソ、ビニャーレス、イアンノーネが転倒リタイア。

第2戦アルゼンチンGPの決勝レースは3日、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、総合3位のマルク・マルケスが今季初優勝。当地で2年振りの優勝、最高峰クラスで25勝目、キャリア通算51勝目を挙げ、ポイントリーダーに飛び出した。

気温25度、路面温度30度のドライコンディションの中、ポールポジションのマルケスは、3ラップ目にトップに飛び出した後、10ラップ終了後にピットレーンに入り、素早いマシン交換と直後に1分40秒台を連発して一気に2番手を引き引き離すと、独走で優勝。

2番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、マルケスとほぼ同時にマシンを交換したが、徐々に引き離され、最終ラップには4番手に後退したが、7.679秒差の2位表彰台を獲得。

4番グリッドのダニ・ペドロサは、スタート直後の1コーナーで他車と接触したことから、1ラップ目を15番手まで後退したが、28.100秒差の3位表彰台まで挽回。

17番グリッドのユージン・ラバティは、自己最高位の4位を獲得。8番グリッドのエクトル・バルベラ、10番グリッドのポル・エスパルガロ、16番グリッドのステファン・ブラドル、12番グリッドのブラドリー・スミス、19番グリッドのティト・ラバット、20番グリッドのアルバロ・バウティスタがトップ10入り。

11番グリッドのアレイシ・エスパルガロは、2ラップ目の1コーナーで転倒を喫して20番手まで後退したが、11位まで挽回。負傷代役の18番グリッドのミケーレ・ピロは12位。

5番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、2番手走行中の最終ラップ、ゴールライン手前のシケインで、ウォームアップ走行で今季初の1番時計を記録した6番グリッドのアンドレア・イアンノーネの転倒に巻き込まれて転倒を喫した後、バイクを押して13位でフィニッシュ。

3番グリッドのホルヘ・ロレンソは、6番手走行中の6ラップ目の1コーナーで転倒リタイア。

7番グリッドのマーベリック・ビニャーレスは、2位獲得に挑戦した3番手走行中のラスト3ラップ、1コーナーで転倒リタイア。

9番グリッドのカル・クラッチロー、15番グリッドのジャック・ミラー、21番グリッドのヨニー・エルナンデェスも転倒リタイア。13番グリッドのロリス・バスと14番グリッドのスコット・レディングは、技術的な問題でリタイアを強いられた。

チャンピオンシップは、開幕から2戦連続の表彰台を獲得したマルケスが、総合1位に進出。ロッシが8ポイント差の総合2位、ペドロサが14ポイント差の総合3位に浮上。

次戦アメリカズGPは、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで8日に開幕、10日に決勝レース(日本時間11日04時00分スタート)が行われる。

決勝レース
ライダーズパフォーマンス
ワールドスタンディング

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, RAC, Dani Pedrosa, Valentino Rossi, Marc Marquez, Movistar Yamaha MotoGP, Repsol Honda Team, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›