Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:ロースが今季初のPP獲得

公式予選:ロースが今季初のPP獲得

ロース、ザルコ、フォルガーが1列目に進出。中上は4番グリッドを獲得。

第2戦アルゼンチンGPの公式予選は2日、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、総合9位のサム・ロースが今季2度目のトップタイムをマーク。昨年8月の第12戦イギリスGP以来通算4度目のポールポジションを奪取した。

気温30度、路面温度41度のドライコンディションの中、フリー走行総合7番手のロースは、3度のコースインで20ラップを周回すると、1分44秒台を7回、1分43秒台を2回記録。1分43秒347の1番時計を刻んだ。

フリー走行総合4番手のヨハン・ザルコは、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分44秒台を6回、1分43秒台を3回記録して、0.119秒差の2番手。

フリー走行総合1番手のジョナス・フォルガーは、4度のコースインで16ラップを周回すると、1分44秒台を1回、1分43秒台を最多の7回記録して、0.290秒差の3番手に入り、開幕戦カタールGPから2戦連続の1列目を維持。

フリー走行総合8番手の中上貴晶は、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分44秒台を8回、1分43秒台を2回記録して、0.362秒差の4番手に進出。

フリー走行総合9番手のフランコ・モルビデッリは、0.386秒差の5番手。フリー走行総合10番手のトーマス・ルティ、フリー走行総合3番手のサンドロ・コルテセ、フリー走行総合12番手のダニー・ケント、フリー走行総合20番手のロレンソ・バルダッサーリ、フリー走行総合19番手のアクセル・ポンスがトップ10入り。

フリー走行総合2番手のアレックス・リンスは、0.642秒差の11番手。フリー走行総合5番手のシモーネ・コルシは13番手。

初日総合15番手のエドガル・ポンスは、A型肝炎により医師団から安静にすることが指示され、スペインに帰国することになり、当大会と次戦アメリカズGPを欠場することになった。

公式予選
スターティンググリッド

Tags:
Moto2, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, QP, Jonas Folger, Sam Lowes, Johann Zarco, Federal Oil Gresini Moto2, Dynavolt Intact GP, Ajo Motorsport, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
公式予選:ビンダーが初のPP奪取

8 months ago

公式予選:ビンダーが初のPP奪取