Tickets purchase
VideoPass purchase

クラッチロー、連続転倒で2戦連続転倒リタイア

クラッチロー、連続転倒で2戦連続転倒リタイア

バイク交換後に上位進出が可能な走りを披露したが、2度の転倒が結果を左右。

LCR・ホンダのカル・クラッチローは、第2戦アルゼンチンGPの決勝レースで、9番グリッドから7番手走行中の2ラップ目、1コーナーで週末2度目の転倒。最後尾に後退したが、8番手に浮上した直後の最終ラップ、3コーナーで今季5度目の転倒により、開幕から2戦連続のリタイアを強いられた。

「チームに対して本当に申し訳ない。ベストを尽くし、悪かったスタートの後で、幾つかポジションをアップ。1コーナーの進入で、ホルヘ・ロレンソの後ろで見えなかったウェットパッチに乗ってしまい、転んでしまった。乗り直して、バイクを乗り換える前までに、グッドなペースで前方のライダーたちを追い上げた。」

「強制的なピットストップの後、フロントタイヤに問題を抱えながら、フィニッシュに向けて全力でプッシュした。上手く走れている手応えがあり、表彰台を争うことができる力強いペースで走ることができたけど、最終ラップに8番手のブラドリー・スミスを抜いた後、白線に乗って転んでしまった。」

「当然がっかりだけど、僕たちは戦闘力があり、ポジティブなことが幾つかあった。このような状況を上手く管理するために、今回のレースを学ぶ必要がある」と、将来につなげることを誓った。

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, RAC, Cal Crutchlow, LCR Honda, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
After the Flag: エピソード2

8 months ago

After the Flag: エピソード2

motogp.com
パドックガール

8 months ago

パドックガール