初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブラドルがアプリリアの復帰後最高位を獲得

ブラドルがアプリリアの復帰後最高位を獲得

昨年最高峰クラスに復帰したアプリリアにベストリザルトをプレゼント。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのステファン・ブラドルは、第2戦アルゼンチンGPの決勝レースで、16番グリッドから7位に進出。ヤマハ-フォワードを走らせた昨年6月の第7戦カタルーニャGP以来となるシングルフィニッシュを果たしただけでなく、芳賀紀行が7位に進出した2003年7月の第8戦イギリスGP以来13年振りとなるシングルフィニッシュをアプリリアにもたらした。

「アプリリア、チーム、僕にとって、ファンタスティックなリザルトだ。2016年型RS-GPの初レースは、特に幸運だった訳ではなかったけど、今回は自分たちのパフォーマンスを発揮した。この困難状況の中で素晴らしい仕事をした。バイク交換の戦略も正しかった。ピットストップの間に幾つかポジションを稼ぎ、2号車で素早く速く走ることができた。」

「走り続けることは簡単ではなかった。トラックは濡れているところが多く、2度ほど転びそうになったから、転倒を回避する目的でペースを落とすことを判断した。その上、2号車のリアタイヤは、1号車と同じ感触を与えてくれなかったから、ハードにプッシュできなかった。アプリリアとチームを賞賛したい。本当に信じられないレースだった」と、アプリリアのベストリザルト獲得を手放しで喜んだ。

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, RAC, Stefan Bradl, Aprilia Racing Team Gresini, #ArgentinaGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
パドックガール

8 months ago

パドックガール