初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ、初日は1.1秒差の8番手

ペドロサ、初日は1.1秒差の8番手

新たなことを試したが、期待通りの結果が得られず、前戦のセッティングに戻した。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第3戦アメリカズGPの初日にフリー走行1で10番手。フリー走行2は、3度のコースインで16ラップを周回すると、2分06秒台を2回、2分05秒台を4回記録。初日は、トップタイムから1.160秒差の総合8番手だった。

「今日はトラックに適したベストセッティングを探しているところだから、非常に難しかった。前戦の後で、午前中に新しいことにトライすることを決断したけど、期待していたフィーリングが得られなかったから、午後に戻した。ペースが良くなったけど、追求しているところからまだ遠い。」

「トラックは良い加速が要求される。ブレーキングとハンドリングも。快適さを得て、その結果として、タイムを良くする目的で、ライディングのフィーリングを良くするために仕事を続けよう」と、初日を振り返り、2日目の課題を説明した。

Tags:
MotoGP, 2016, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, FP2, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team, #AmericasGP

Other updates you may be interested in ›