初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ、ラップタイム短縮に自信

ロレンソ、ラップタイム短縮に自信

1番手からコンマ8秒の5番手だったが、例年より感触が良かったことを強調。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、第3戦アメリカズGPの初日にフリー走行1で7番手。フリー走行2は、3度のコースインで16ラップを周回すると、2分05秒台を3回、2分04秒台を3回記録。トップタイムから0.867秒差の初日総合5番手だった。

「全体的なフィーリングは、ここ数年間と比較してすごく良い。改良が必要。何らかの理由で1号車に問題があり、最初のセッションでフルアドバンテージを発揮できず、現時点の最大ポテンシャルを証明できなかった。今日のラップタイムよりも、コンマ5秒ほど速く走ることができると思う。明日、1列目が獲得できるか見てみよう」と、2日目に期待を膨らませた。

Tags:
MotoGP, 2016, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, FP2, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP, #AmericasGP

Other updates you may be interested in ›