Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:雨が降る前にロースが1番時計

フリー走行3:雨が降る前にロースが1番時計

ドライからウェットにトラックコンディションが変化。ロースが1番手、コルシ、ザルコが続き、中上は7番手。

第3戦アメリカズGPのフリー走行3は9日、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、総合3位のサム・ロースが今季3度目のトップタイムをマーク。初日総合1番手のアレックス・リンスが、今季初めてフリー走行総合1番手に進出した。

気温21度、路面温度24度。ドライコンディションでセッションが始まったが、残り25分から雨が降り始め、ウェットコンディションに変化。初日総合6番手のロースは、雨が降り始まる前までに9ラップを周回すると、2分10秒台を4回、2分09秒台を2回記録。2分09秒081の1番時計を刻んだ。

初日総合2番手のシモーネ・コルシは、8ラップ目に今季初転倒を喫したが、9ラップを周回すると、2分10秒台を2回、2分09秒台を1回記録して、0.353秒差の2番手を維持。

初日総合3番手のヨハン・ザルコは、11ラップ目に今季初転倒を喫したが、最多の14ラップを周回すると、2分10秒台を2回記録して、0.466秒差の3番手。

初日総合9番手のドミニケ・エガーターは、0.589秒差の4番手。初日総合11番手のジョナス・フォルガー、初日総合13番手のフランコ・モルビデッリ、初日総合4番手の中上貴晶、初日総合14番手のアレックス・マルケスが続いた。

初日総合1番手のアレックス・リンスは、0.822秒差の9番手に後退した。フリー走行2のラップタイムで総合1番手を維持。初日総合8番手のトーマス・ルティがトップ10に進出した。

フリー走行3
フリー走行総合

Tags:
Moto2, 2016, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, FP3, Simone Corsi, Sam Lowes, Johann Zarco, Speed Up Racing, Federal Oil Gresini Moto2, Ajo Motorsport, #AmericasGP

Other updates you may be interested in ›