初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:ナバーロが週末2度目の1番手

フリー走行3:ナバーロが週末2度目の1番手

20歳のスペイン人ライダーがフリー走行1に続き2度目の最速時計。尾野と鈴木は17番手と25番手。

第3戦アメリカズGPのフリー走行3は9日、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、総合3位のホルヘ・ナバーロが週末2度目、今季2度目のトップタイムをマーク。キャリア32戦目で初のフリー走行総合1番手に進出した。

気温17度、路面温度21度。セッション中に一時的に小雨が降ったドライコンディションの中、初日総合4番手のナバーロは、3度のコースインで14ラップを周回すると、2分17秒台を3回、2分16秒台を3回記録。2分16秒121の1番時計を刻んだ。

初日総合2番手のロマーノ・フェナティは、2度のコースインで12ラップを周回すると、2分17秒台を4回、2分16秒台を3回記録して、0.616秒差の2番手を維持。

初日総合11番手のリビオ・ロイは、3度のコースインで13ラップを周回すると、2分17秒台を2回、2分16秒台を1回記録して、0.767秒差の3番手に浮上。

初日総合3番手のニコッロ・アントネッリは、0937秒差の4番手。初日総合22番手のボ・ベンスナイダー、初日総合7番手のアロン・カネット、初日総合6番手のニコロ・ブレガ、初日総合1番手のファビオ・クアルタラロ、初日総合14番手のブラッド・ビンダー、初日総合17番手のアンドレア・ロカテッリがトップ10入り。

初日総合5番手のエネア・バスティアニーニは、1.503秒差の14番手。

初日総合15番手の尾野弘樹は、11ラップ目の5コーナーで今季2度目の転倒を喫して、1.544秒差の17番手。初日総合26番手の鈴木竜生は、2.584秒差の25番手。初日総合21番手のカイラル・イダム・パウィは、3.527秒差の29番手だった。

フリー走行3
フリー走行総合

Tags:
Moto3, 2016, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, FP3, Jorge Navarro, Romano Fenati, Livio Loi, Estrella Galicia 0,0 Marc VDS, RW Racing GP BV, SKY Racing Team VR46, #AmericasGP

Other updates you may be interested in ›