初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レディングが今季の最高位発進

レディングが今季の最高位発進

プレシーズンを再現するパフォーマンスで、サテライト勢の最高位に進出。

オクト・プラマック・ヤクニックのスコット・レディングは、第3戦アメリカズGPの初日にフリー走行1で6番手。今季のベストスタートを切った後、フリー走行2は、3度のコースインで14ラップを周回すると、2分05秒台を3回、2分04秒台を1回記録。トップタイムから0.865秒差の初日総合4番手に入り、インディペンデントチームライダー勢の最高位に進出した。

「グッドなプラクティスだった。フロントのハードタイヤは快適さを感じないけど、バイクのフィーリングはすごく良い。この分野の仕事ができると思う。中古タイヤで、ものごとが上手く行くから、レースに向けて自信をもたらしてくれる。明日はレースタイヤを検証するために幾つかのオプションを試してみよう。良い予選にしたい」と、好発進した初日を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2016, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, FP2, Scott Redding, OCTO Pramac Yakhnich, #AmericasGP

Other updates you may be interested in ›