初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

イアンノーネ、3度目の正直に挑戦

イアンノーネ、3度目の正直に挑戦

2戦連続の転倒リタイアとペナルティの後、7番グリッドから結果を追求する。

ドゥカティ・チームのアンドレア・イアンノーネは、第3戦アメリカズGPの公式予選でトップタイムから0.725秒差の4番時計を記録。前戦アルゼンチンGPの転倒接触により、3つのグリッドを降格するペナルティが科せられたことから、明日の決勝レースを3列目7番グリッドから迎える。

初日総合2番手だった後、2日目はフリー走行3で0.196秒差の2番手を維持。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで12ラップを周回すると、フリー走行4で2分06秒台を3回、2分05秒台を1回記録して、1.438秒差の8番手に後退。

「午後は全てが少し難しかった。雨でトラックコンディションが悪くなったのか、他の原因なのか分からないけど、午前より速く走るために頑張った。公式予選2のラストラップでラップタイムが良くなったけど、ベストな予選パフォーマンスではなかった。」

「オースティンでは、クイックラップより、グッドなペースを刻むことの方が簡単なようだ。トラックのキャラクターなのか、僕の問題なのか、その理由を理解したい。明日はグッドなスタートを切ることが重要。それがレース結果を左右するかもしれない」と、2戦連続の転倒リタイアの後で上位進出を目指すため、3列目から巻き返しを目指すことを誓った。

Tags:
MotoGP, 2016, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, Q2, Andrea Iannone, Ducati Team, #AmericasGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
#AmericasGP:  ベストスローモーション

8 months ago

#AmericasGP: ベストスローモーション