初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ、決勝の鍵は身体面と集中力

ロレンソ、決勝の鍵は身体面と集中力

飛躍的にラップタイムとペースが伸び、優勝、表彰台争いに自信。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、第3戦アメリカズGPの公式予選でトップタイムから0.069秒差の2番時計を記録。開幕戦カタールGPから3戦連続の1列目を獲得した。

初日総合5番手だった後、2日目はフリー走行3で0.590秒差の3番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで9ラップを周回すると、2分05秒台を3回、2分04秒台を1回記録して、0.558秒差の2番手に浮上。

「少しずつ近づき、近づいて行った。一刻も早く、ファーストラップタイムをマークするために集中した。グレートなファーストラップだった。その後、マルケスからコンマ5秒差ぐらいに近づけるだろうと考えたけど、あれほどタイムが伸びることを期待していなかった。すごく嬉しい。誇りに思う。」

「僅少さで1番手を逃したのは残念だけど、この2日間僕たちはグレートな仕事をした。明日に向けて準備が出来ている。異なるタイヤのロングレースとなるだろう。フィジカルコンディション(身体面)とコンセントレーション(集中力)に厳しくなることは間違いない。バイク上で乗り続けることが重要となる」と、予選を振り返り、決勝レースの展開を予想した。

Tags:
MotoGP, 2016, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, Q2, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP, #AmericasGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
#AmericasGP:  ベストスローモーション

8 months ago

#AmericasGP: ベストスローモーション

motogp.com
公式予選1:スミス&エスパルガロ兄が1-2番手

8 months ago

公式予選1:スミス&エスパルガロ兄が1-2番手