初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レディングがサテライト勢の最高位を獲得

レディングがサテライト勢の最高位を獲得

プレシーズンのオフィシャルテストで見せたパフォーマンスを再現させ、今季のベストリザルトを獲得。

オクト・プラマック・ヤクニックのスコット・レディングは、第3戦アメリカズGPの決勝レースで、10番グリッドから6位に進出。インディペンデントチームライダーの最高位を獲得し、総合15位から12位に浮上した。

「トップ6はグレートなリザルトだ。9位もナイスなリザルトだけど、前を走る3人が転倒した。フロントタイヤに問題があり、ストロングな走りができず、1周ごとに1秒もタイムロスしてしまったから、ポジションを守りながら完走するために、ライディングスタイルの変更を強いられた。」

「レースのスタートが良く、ミスを犯さなかったことが嬉しい。グッドなレースだった。失望のアルゼンチンとウォームアップ走行でちょっとした問題があった後で、素晴らしい仕事をしてくれたチームに喜びを与えられたことが、すごく嬉しい」と、新天地での好結果獲得を手放しに喜んだ。

Tags:
MotoGP, 2016, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, RAC, Scott Redding, OCTO Pramac Yakhnich, #AmericasGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
After the Flag: エピソード3

1 year ago

After the Flag: エピソード3

motogp.com
パドックガール

1 year ago

パドックガール