初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バスが渾身の走りで今季初完走

バスが渾身の走りで今季初完走

初めての公式予選2から今季4度目の転倒も完走で1ポイントを獲得。

アビンティア・レーシングのロリス・バスは、第3戦アメリカズGPの決勝レースで、自己最高位の12番グリッドから13番手走行中の2ラップ目1コーナーで、イン側から進入してきたミケーレ・ピロとの接触を回避するため、バイクを立たせたところ、アウト側に位置していたアルバロ・バウティスタと接触。

今季4度目の転倒を喫したが、レースに復帰。ダメージを受けたデスモセディチGP14.2と強打した左肩の激痛に耐えながら、1戦目転倒リタイア、2戦目リアタイヤの問題でリタイアを強いられた悪い流れを立ち切る完走を果たした。

「グッドなスタートだった。グループに位置したけど、2ラップ目の1コーナーの進入で1人を抜こうとしたら、イン側から僕に突っ込んで来るライダーが見えて、バイクを立たせたら、他車とぶつかってしまい、転んでしまった。誰か分からないけど、これがレース。」

「フットレストが僅か1.5cmほどに短くなってしまい、スイングアームにダメージを負って、シフターが機能しなくなってしまったけど、週末を通じて良い仕事をしてくれたメカニックたちとチームには、ここで終わってしまうのは値しない。完走が難しい状況で、肩が痛かったけど、ペースはそれほど悪くなかった」と、チームのために走り切ったことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2016, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, RAC, Loris Baz, Avintia Racing, #AmericasGP

Other updates you may be interested in ›

Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
ティトが3戦連続の完走

10 months ago

ティトが3戦連続の完走

motogp.com
After the Flag: エピソード3

10 months ago

After the Flag: エピソード3

motogp.com
パドックガール

10 months ago

パドックガール