初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ:「ドビ、ごめんね」

ペドロサ:「ドビ、ごめんね」

ブログを通じて、前戦アメリカズGP、NASA訪問、NBA観戦の感想を語った。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは13日、チームのタイトルスポンサー、レプソル社が運営するソーシャルメディアを通じて、前戦アメリカズGPを振り返り、改めて元チームメイトのアンドレア・ドビツィオーソに謝罪のメッセージを送った。

「期待通りに上手く行かなかった週末を振り返る前に、このグログでも、アンドレアとドゥカティ・チームに謝りたい。トラックで起きてしまったことに怒りを感じる。僕ができることは、彼に謝るだけ。」

「特にすごく上手くレースが始まっていたから、あのような形で終わってしまったのは残念。」

「ソーシャルメディアでも紹介したように、NASAを訪問した。何て言っていいだろう。凄かった。本当に信じられないこと。すごく訪れてみたいところだけど、全ての期待を大きく超えるところだった。世界でも極僅かに限られた人たちしか得られない特権だから、感謝の気持ちでいっぱい。見たこと全てに感銘を受けた。人生で最もスペクタクロなところだったか分からないけど、もちろん、宇宙飛行士と直接会話ができたことは、すごいことだった!」

「週末には、トニー・パーカー(NBA選手)がボックスを訪ねに来てくれた。日曜の試合に招待してくれ、子供のように試合観戦を楽しんだ。すごい経験で、本当にエキサイティングなゲームだった。非常に重要なゲームだったことを知らなかったけど、NBAの歴史的な瞬間を立ち会えたことは幸運だった。」

「さあ、次戦に集中しよう。ヘレスだ。僕たちにとって、最もエキサイティングなグランプリの1戦。グッドなリザルトと喜びを与えたい」と、昨年こそ右前腕の治療に専念したことから欠場したが、最高峰クラスに初参戦した2006年から2008年と2013年の優勝を含め、2014年までに9年間連続して表彰台を獲得したホームレースに向けて抱負を語った。

Tags:
MotoGP, 2016, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, Dani Pedrosa, #AmericasGP

Other updates you may be interested in ›