初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アジア・タレンチ・チームが2年目に向けて始動

アジア・タレンチ・チームが2年目に向けて始動

2014年王者の鳥羽、2015年王者の佐々木、同年総合3位の眞崎がMoto3™ジュニア世界選手権に挑戦。

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップに参戦したヤングライダーたちの中から選出されたアジア・タレンチ・チームは、昨年に続き、Moto3™ジュニア世界選手権に参戦。今週末にスペイン・バレンシアのリカルド・トルモ・サーキットで開幕される開幕戦から挑戦を開始する。

初始動となった昨年は、総合1位の鳥羽海渡、総合2位の伊達悠太、総合7位のアダム・ノルディン(マレーシア)が選出され、同選手権に初参戦。ノルディンは、ドライブM7・SIC・レーシングチームから世界舞台への切符を獲得した。

今年は、インドネシアのPTアストラ・ホンダとタイのAP・ホンダから支援を受け、1年目に選出された鳥羽(16歳)が継続起用され、今年の参戦を視野に昨年11月の最終戦に招集された2015年王者の佐々木歩夢(15歳)、総合3位の眞崎一輝(15歳)、総合4位のナカリン・アティラットプワパット(タイ/20歳)、総合9位のアンディ・イズディハル(インドネシア/18歳)が合流。

選出された5名のヤングライダーたちは、2月下旬にスペイン・バルセロナに集結。トレーニング合宿を実行した後、4月上旬には、同選手権開催地のバルセロナ‐カタルーニャ・サーキット、アルバセテ・サーキット、リカルド・トルモ・サーキットでプライベートテストを実施し、開幕戦に向けて準備を進めた。

当サイトでは、Moto3™ジュニア世界選手権の決勝レースをハイライトビデオで週明けの18日(月)に提供。同選手権のオフィシャルユーチューブチャンネル(FIM CEV Repsol)では、決勝レースを生中継で配信する。

Moto3™ジュニア世界選手権開催日程
4月17日: リカルド・トルモ・サーキット
5月7日: ルマン
5月29日: モーターランド・アラゴン
6月12日: バルセロナ‐カタルーニャ・サーキット
7月3日: アルバセテ・サーキット
8月28日: アウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェ
10月2日: ヘレス・サーキット
11月20日: リカルド・トルモ・サーキット

Tags:
FIM CEV Repsol, 2016

Other updates you may be interested in ›