Tickets purchase
VideoPass purchase

ミラー、米国で物理療法

ミラー、米国で物理療法

負傷した右足の治療に専念するため、アメリカに延長滞在。

エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDSのジャック・ミラーは、1月17日にモトクロス・トレーニング中に右脚の脛骨と腓骨を骨折し、ほぼ完治していたが、前戦アメリカズGPのフリー走行1で今季7度目の転倒を喫した際に右足中足骨を骨折。物理療法を続ける目的で、アメリカに延滞していた。

「負傷欠場は決して良いことではない。それがテキサスで起きてしまったから、ヘレスでバイクに乗りたくしてウズウズする。欧州ラウンドに向けた準備を目的に、アメリカに滞在して、リハビリに取り組んだ。タフなレースが続く。まずは今週末のヘレスだ」と、意気込みを語った。

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO RED BULL DE ESPAÑA, Jack Miller, Estrella Galicia 0,0 Marc VDS, #SpanishGP

Other updates you may be interested in ›