初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:ロレンソが2年連続の1番手発進

フリー走行1:ロレンソが2年連続の1番手発進

昨年ポール・トゥ・フィニッシュを決めたロレンソが2年連続の1番手発進。バルベラ、ロッシ、ペドロサ、マルケスがトップ5入り。

第4戦スペインGPのフリー走行1は22日、ヘレス・サーキットで行われ、総合2位のホルヘ・ロレンソが今季4度目のトップタイムをマーク。開幕戦カタールGPに続き、今季2度目の1番手発進を決めた。

気温18度、路面温度21度のドライコンディションの中、昨年独走優勝した当地に戻って来たロレンソは、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分41秒台を4回、1分40秒台を4回記録。1分40秒270の1番時計を刻んだ。

総合6位のエクトル・バルベラは、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分41秒台を5回、1分40秒台を最多の6回記録して、0.257秒差の2番手に入り、今季ベストスタート。

総合3位のバレンティーノ・ロッシは、3度のコースインで21ラップを周回すると、1分41秒台を5回、1分40秒台を7回記録して、0.406秒差の3番手。

総合5位のダニ・ペドロサは、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分41秒台を4回、1分40秒台を2回記録して、0.553秒差の4番手。

総合1位のマルク・マルケスは、3度のコースインで20ラップを周回すると、1分41秒台を5回、1分40秒台を2回記録して、0.568秒差の5番手。

総合8位のマーベリック・ビニャーレスは、0.655秒差の6番手。総合10位のアレイシ・エスパルガロ、総合19位のヨニー・エルナンデェス、総合7位のアンドレア・ドビツィオーソが続き、今季初ポイントを狙うカル・クラッチローがトップ10入り。

総合13位のアンドレア・イアンノーネは、1.378秒差の11番手。総合4位のポル・エスパルガロは12番手。

オクト・プラマック・ヤクニックは、右手負傷のダニロ・ペトルッチに代わって、ミケーレ・ピロを起用する。

フリー走行1

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO RED BULL DE ESPAÑA, FP1, Jorge Lorenzo, Valentino Rossi, Hector Barbera, Avintia Racing, Movistar Yamaha MotoGP, #SpanishGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ミシュランのタイヤ問題見解

1 year ago

ミシュランのタイヤ問題見解

motogp.com
プレスカンファレンス~インサイド

1 year ago

プレスカンファレンス~インサイド