Tickets purchase
VideoPass purchase

マルケス、1番時計からコンマ3秒差の2番手

マルケス、1番時計からコンマ3秒差の2番手

昨年の初日総合3番手から今年は初日総合2番手発進。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第4戦スペインGPの初日に5番時計と2番時計を記録。昨年2番グリッドから2位だった当大会で、トップタイムから0.345秒差の初日総合2番手に進出した。

フリー走行1で5番手だった後、フリー走行2は、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分40秒台を8回、1分39秒台を1回記録。「1日目の全体的な進み方が嬉しい。最初のセッションは、他のトラックに適応したベースのセットアップが機能しなかったけど、2度目のセッションでのリアクションが分かっていた。」

「大きく良くなったけど、まだ仕事を続ける必要がある。全てが快適という訳ではない。速く走れているホルヘから、それほど離されていないことが重要。バレンティーノは安定していたけど、チームと一緒に取り組んでいる仕事とリアクションが嬉しい。明日、もう一歩前進できるか楽しみだ」と、5番手から2番手に浮上した1日目を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO RED BULL DE ESPAÑA, FP2, Marc Marquez, Repsol Honda Team, #SpanishGP

Other updates you may be interested in ›