初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:バルダッサーリが1番手浮上/中上が1番手維持

フリー走行3:バルダッサーリが1番手浮上/中上が1番手維持

昨季後半から成長の走りを見せ、開幕戦で両肩を脱臼したバルダッサーリが初の最速時計。中上が転倒を喫しながら、総合1番手を維持。

第4戦スペインGPのフリー走行3は23日、ヘレス・サーキットで行われ、総合23位のロレンソ・バルダッサーリがキャリア初のトップタイムをマーク。総合14位の中上貴晶がフリー走行総合1番手に進出した。

気温18度、路面温度19度のドライコンディションの中、初日総合3番手のバルダッサーリは、3度のコースインで21ラップを周回すると、1分43秒台を9回、1分42秒台を3回記録。1分42秒673の1番時計を刻んだ。

初日総合4番手のサム・ロースは、3度のコースインで21ラップを周回すると、1分43秒台を7回、1分42秒台を最多の6回記録して、0.065秒差の2番手。初日総合12番手のフランコ・モルビデッリは、3度のコースインで21ラップを周回すると、1分47秒台を最多の12回、1分46秒台を1回記録して、0.277秒差の3番手に浮上。

フリー走行2で1番手だった初日総合2番手のジョナス・フォルガーは、0.280秒差の4番手。初日総合5番手のトーマス・ルティ、初日総合17番手のダニー・ケントが続く。

初日総合1番手に進出した中上貴晶は、12ラップ目に転倒を喫したが、3度のコースインで14ラップを周回すると、1分43秒台を6回記録して、0.411秒差の7番手に後退したが、フリー走行1のラップタイムで、総合1番手。初日総合9番手のシモーネ・コルシ、初日総合10番手のサンドロ・コルテセ、初日総合11番手のアレックス・マルケスがトップ10入り。

初日総合7番手のヨハン・ザルコは、0.817秒差の19番手、総合12番手だった。

フリー走行3
フリー走行総合

Tags:
Moto2, 2016, GRAN PREMIO RED BULL DE ESPAÑA, FP3, Franco Morbidelli, Sam Lowes, Lorenzo Baldassarri, Federal Oil Gresini Moto2, Forward Team, Estrella Galicia 0,0 Marc VDS, #SpanishGP

Other updates you may be interested in ›