初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:ビンダーが総合1番手を維持

フリー走行3:ビンダーが総合1番手を維持

総合1位のビンダーが連続の1番時計で総合1位を堅守。鈴木がドライで初めてトップ10入り。

第4戦スペインGPのフリー走行3は23日、ヘレス・サーキットで行われ、総合1位のブラッド・ビンダーが週末2度目、今季3度目のトップタイムをマーク。フリー走行総合1番手に進出した。

気温16度、路面温度17度のドライコンディションの中、キャリアで初めて初日総合1番手に進出したビンダーは、2度のコースインで20ラップを周回すると、1分47秒台を11回、1分46秒台を2回記録。1分46秒575の1番時計を刻んだ。

初日総合2番手のホルヘ・ナバーロは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分47秒台を6回、1分46秒台を2回記録して、0.353秒差の2番手。

初日総合10番手のエネア・バスティアニーニは、3度のコースインで13ラップを周回すると、1分47秒台を4回、1分46秒台を1回記録して、0.370秒差の3番手。

初日総合5番手のニッコロ・アントネッリは、0.385秒差の4番手。初日総合3番手のニコロ・ブレガ、初日総合20番手のフィリップ・エッテル、初日総合16番手のヤコブ・コーンフィール、初日総合4番手のロマーノ・フェナティ、初日総合7番手のフランセスコ・バグナイアが続く。

初日総合27番手の鈴木竜生は、4度のコースインで14ラップを周回すると、1分48秒台を2回、1分47秒台を2回記録して、1.078秒差の10番手に入り、自己最高位となる総合11番手に浮上。

前戦で他車と接触した際に右足を負傷した初日総合24番手の尾野弘樹は、1.676秒差の26番手、総合26番手だった。

フリー走行3
フリー走行総合

Tags:
Moto3, 2016, GRAN PREMIO RED BULL DE ESPAÑA, FP3, Jorge Navarro, Enea Bastianini, Brad Binder, Estrella Galicia 0,0, Red Bull KTM Ajo, Gresini Racing Moto3, #SpanishGP

Other updates you may be interested in ›