初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:新人ブレガが5戦目でPP奪取

公式予選:新人ブレガが5戦目でPP奪取

Moto3™ジュニア世界選手権王者のブレガが当地でのレース経験を活かして、参戦5戦目トップグリッドを獲得。

第4戦スペインGPの公式予選は23日、ヘレス・サーキットで行われ、総合11位のニコロ・ブレガが今季初のトップタイムをマーク。Moto3™ジュニア世界選手権の参戦を活かし、ワイルドカード参戦した昨年11月の最終戦バレンシアGPを含めて僅か参戦5戦目でポールポジションを奪取した。

気温21度、路面温度24度のドライコンディションの中、フリー走行総合5番手のブレガは、3度のコースインで13ラップを周回すると、1分47秒台を4回、1分46秒台を最多の3回記録。1分46秒223の1番時計を刻んだ。

フリー走行総合1番手のブラッド・ビンダーは、3度のコースインで14ラップを周回すると、1分47秒台を6回、1分46秒台を2回記録して、0.213秒差の2番手に入り、今季3度目の1列目を確保。

フリー走行総合2番手のホルヘ・ナバーロは、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分47秒台を最多の8回、1分46秒台を2回記録して、0.455秒差の3番手に入り、3戦連続の1列目を獲得。

フリー走行総合10番手のフランセスコ・バグナイアは、0.457秒差の4番手。フリー走行総合4番手のニッコロ・アントネッリ、フリー走行総合3番手のエネア・バスティアニーニが続き、イタリア勢が2列目に進出。

フリー走行総合13番手のジョアン・ミル、フリー走行総合20番手のフランフアン・グエバラ、フリー走行総合8番手のロマーノ・フェナティ、フリー走行総合7番手のヤコブ・コーンフィールがトップ10入り。

フリー走行総合26番手の尾野弘樹は、1.357秒差の19番手。フリー走行総合11番手の鈴木竜生は、1.431秒差の21番手だった。

公式予選
スターティンググリッド

Tags:
Moto3, 2016, GRAN PREMIO RED BULL DE ESPAÑA, QP, Brad Binder, Nicolò Bulega, Jorge Navarro, Red Bull KTM Ajo, Estrella Galicia 0,0, SKY Racing Team VR46, #SpanishGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
GoPro™ ラップ~ヘレス・サーキット

9 months ago

GoPro™ ラップ~ヘレス・サーキット

motogp.com
ミシュランのタイヤガイド

9 months ago

ミシュランのタイヤガイド