初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:ロースがキャリア2勝目

決勝レース:ロースがキャリア2勝目

総合1位のロースが独走でキャリア初のポール・トゥ・フィニッシュ。フォルガーとリンスが表彰台を獲得。

第4戦スペインGPの決勝レースは24日、ヘレス・サーキットで行われ、総合1位のサム・ロースがポールポジションから優勝。昨年4月の第2戦アメリカズGP以来、通算2勝目を挙げた。

気温22度、路面温度33度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で週末2番手、今季5度目の1番時計を記録したロースは、スタートで2番手に後退したが、2ラップ目にポジションを挽回。週末に刻んだペースで周回を刻めば、2番グリッドのジョナス・フォルガーは、2.480秒差の2位に入り、今季2度目の表彰台を獲得。

7番グリッドのアレックス・リンスは、5.633秒差の3位。2戦連続の表彰台を獲得すれば、4番グリッドのフランコ・モルビデッリは、単独走行で今季の最高位となる4位に進出。16番グリッドのヨハン・ザルコは5位。5番グリッドのトーマス・ルティは6位。

ウォームアップ走行で3番手だった12番グリッドの中上貴晶は、1ラップ目に15番手に後退したが、今季の最高位となる7位まで挽回。18番グリッドのドミニケ・エガーター、10番グリッドのルイス・サロン、19番グリッドのチャビエル・シメオンがトップ10入り。

6番グリッドのロレンソ・バルダッサーリは、5番手走行中のラストラップに転倒。レースに戻って17位でゴールすれば、3番グリッドのサンドロ・コルテセ、8番グリッドのシモーネ・コルシ、9番グリッドのアレックス・マルケス、13番グリッドのマンセル・シュレッター、14番グリッドのミゲール・オリベイラは、セカンドグループで走行中に転倒リタイア。

ウォームアップ走行で転倒を喫したフリアン・シモンは、頭部を強打したことから欠場。A型肝炎により、2戦に欠場したエドガル・ポンスは、体調不良により欠場を決断した。

チャンピオンシップは、総合1位のロースが総合2位のリンスに10ポイント差、総合3位のザルコに16ポイント差にアドバンテージを拡大した。

次戦フランスGPは、ルマンのブガッティ・サーキットで5月6日に開幕、8日に決勝レースが行われる。

決勝レース
ライダーズパフォーマンス
ワールドスタンディング

Tags:
Moto2, 2016, GRAN PREMIO RED BULL DE ESPAÑA, RAC, Sam Lowes, Jonas Folger, Alex Rins, Federal Oil Gresini Moto2, Dynavolt Intact GP, Paginas Amarillas HP 40, #SpanishGP

Other updates you may be interested in ›