初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

KTMのテストチームがテストを実施

KTMのテストチームがテストを実施

テストライダーのカリオとド・プニエがチェコGPの開催地、ブルノで開発作業。

来季からの最高峰クラス参戦を目指すKTMのテストチームは28日、アウトモトドローム・ブルノで実施した2日間のプライベートテストを終了。1日目は気温と路面温度が低かったことから走行を見送ったが、2日目は予定を変更したテストプログラムに取り組んだ。

テストライダーのミカ・カリオは、「テストの現実的な進歩に満足できる。天候不良により、プログラムを変更し、エンジン、マッピング、エルゴノミクスを試した。非常に寒かったことから、グリップは良くなかったけど、今後のテスト計画と改善すべきところが明白になった」と、テストを評価。

テストライダーのランディ・ド・プニエは、「不運にもコンディションは良くなかったけど、トラクションコントロール、エンジンブレーキ、シャーシなど沢山のことを試した。チームは前回のテストから素晴らしい開発作業をしてくれ、改良が際立った。テスト毎に良くなっている。チームと僕自身にすごく良い感じだ」と、テストを振り返った。

Tags:
MotoGP, 2016, Mika Kallio, Randy de Puniet

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
#SpanishGP: オフ‐トラック

1 year ago

#SpanishGP: オフ‐トラック