初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マルケス、自信を持ってルマン入り

マルケス、自信を持ってルマン入り

有効な情報を収集したテストを経て、2年振りにポイントリーダーとしてルマンに乗り込む。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、前戦スペインGPで開幕から4戦連続の表彰台連取となる3位に進出した後、オフィシャルテストでエアロダイナミック、新型スイングアーム、新たなエンジンマップを検証し、最速ペースと最速ラップを刻んで1番手に進出。最高峰クラスに進出した2013年から3年連続のポールポジションから3位、優勝、4位を獲得したルマンにポイントリーダーとして、ライバルたちの挑戦を受ける。

「ルマンのサーキットがお気に入りだけど、非常に変わりやすいからしっかり準備をしないと。天候は決して分からない。昨年は日曜に気温が大きく上昇して、フロントのグリップに苦しんだ。それに時々雨が降る。」

「トラックは低速コーナーが多いストップ&ゴー。大きな挑戦に立ち向かうのか、期待以上に低速コーナーからの加速が良かったオースティンに似たような状況になるか確認しよう。」

「テストでは、グリップを高めるために、電子制御とシャーシの調整を進め、加速の際のウィリーを縮小させる目的で、バイクのバランスにも取り組んだ。ルマンに向けて、使える情報を収集したと思う。僕たちは冬から大きく前進し、問題に対してリアクションを起こした。自信がある。週末が楽しみだ」と、意気込みを語った。

Tags:
MotoGP, 2016, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, Marc Marquez, Repsol Honda Team, #FrenchGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
#FrenchGP ティーザー: ヘッド・トゥ・ルマン

1 year ago

#FrenchGP ティーザー: ヘッド・トゥ・ルマン