Tickets purchase
VideoPass purchase

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

シーズン5戦目の開幕を前日に控えた中、マルケス、ロレンソ、ロッシ、エスパルガロ兄、バス、ザルコ、フォルガーが共同会見に出席。

第5戦フランスGPのプレスカンファレンスは5日、ブガッディ・サーキット内のプレスカンファレンスルームで行われ、週末の主役たちが出席した。

開幕戦から表彰台を連取して総合1位に進出するマルク・マルケスは、「アタックできず、ベストなフィーリングがないけど、少なくても、このポジションに進出したければ、一貫性が必要。今はこの状態を維持したい。ホンダとチームと一緒に懸命に働いている。ステップ・バイ・ステップで良くなっているようだ。」

「簡単なトラックではないけど、ストップ&ゴーの特徴は、僕のライディングスタイルに適している。昨年はフロントタイヤに問題があった。前戦のヘレスと似たような問題だった」と、振り返った。

昨年当地で優勝した総合2位のホルヘ・ロレンソは、「ルマンは125ccクラスの時からお気に入りの1つ。何度も優勝を挙げ、昨年は2年間あまり良くなかった後で上手く走れて優勝した。ミシュランは、ヘレスで多くのライダーが問題に見舞われた後、懸命に働き、新たに3タイプのリアタイヤを準備してくれた。1タイプは、他とは違う。ストレートでの問題が解決されるか確認しよう」と、今週末に投入されるリアタイヤに期待。

前戦スペインGPで優勝した総合3位のバレンティーノ・ロッシは、「常にこのトラックは難しい。天候を確認する必要がある。この2年間は好天候に恵まれた。勝てなかったけど、強く走れた。それが今週末の目標だ。」

「この数日間は、チームメイトの候補として、ダニ・ペドロサが候補として噂されている。マーベリック・ビニャーレスと共に可能性があると思う。僕はどちらでも同じ」と、来季のチームメイトに関しては私見を語った。

前戦で2戦連続の5位を獲得した総合7位のアレイシ・エスパルガロは、「スズキのエンジニアたちが昨年よりも懸命に働いている。バイクは大きく進歩している。まだ表彰台争いができないけど、近づいている。前戦はドゥカティに勝ち、ヤマハとホンダに接近した。まだトップライダーたちとファイトできないけど、本当に近い」と、戦闘力が高まっていることを強調。

2戦連続してポイント圏内に進出した総合19位のロリス・バスは、「アルゼンチンとテキサスでは良かったけど、ものごとが予想外にひっくり返ってしまった。ファンの応援は最高だ。子供の頃にルマンを訪れ、当時250ccクラスに参戦していたランディ・ド・プニエを応援したことを思い出す。今、僕がそちら側にいて、ここにいるライダーたちと一緒にグリッドに並べることが嬉しい。最高の気分だ。僕はどこから来たか解っているから、思いっきり楽しみたい」と、会心の笑みで心境を語った。

昨年中量級を制した王者ヨハン・ザルコは、「Moto2™クラスは競争力が高い。そこで沢山のことを学んでいることから、クラスに残ったことを後悔していない。もう一度チャンピオンになれるようにトライしよう。今年は大きな経験を積んでいるけど、苦戦している。昨年はMotoGP™クラスに進出する機会があったけど、ロレンソにようにタイトルを連覇して、来年昇格したい。」

「日本でスズキをテストする。鈴鹿8耐のテストも依頼された。一度も鈴鹿を走ったことがないけど、市販車を走らせることが好き。2017年にスズキに所属したい」と、将来に関して説明した。

来季最高峰クラスに進出することが発表された中量級総合5位のジョナス・フォルガーは、「すごく嬉しい。夢の実現だから、すごくエキサイティングだ。テック3とヤマハが僕を信頼してくれ、このビックなチャンスを与えてくれたことが嬉しい。エルベ・ポンチャラルを以前から知っていたけど、ここ2週間で具体的になった」と、喜びを語った。

Tags:
MotoGP, 2016, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, Valentino Rossi, Aleix Espargaro, Jonas Folger, Loris Baz, Johann Zarco, Marc Marquez, Jorge Lorenzo, Monster Yamaha Tech 3, Avintia Racing, Dynavolt Intact GP, Team SUZUKI ECSTAR, Movistar Yamaha MotoGP, Repsol Honda Team, #FrenchGP

Other updates you may be interested in ›