Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:アントネッリが今季初のPP奪取

公式予選:アントネッリが今季初のPP奪取

初日に今季9度目の転倒を喫した20歳のイタリア人ライダーだったが、トップグリッドを獲得。尾野と鈴木は、13番手と16番手。

第5戦フランスGPの公式予選は7日、ルマンのブガッディ・サーキットで行われ、総合6位のニッコロ・アントネッリが今季2度目のトップタイムをマーク。昨年10月の第16戦マレーシアGP以来、通算4度目のポールポジションを奪取した。

気温21度、路面温度25度のドライコンディションの中、フリー走行総合2番手のアントネッリは、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分43秒台を5回、1分42秒台を2回記録。1分42秒756の1番時計を刻んだ。

フリー走行総合5番手のブラッド・ビンダーは、4度のコースインで18ラップを周回すると、1分43秒台を6回、1分42秒台を1回記録して、0.067秒差の2番手に入り、2戦連続4度目の1列目に進出すれば、フリー走行総合3番手のアロン・カネットは、4度のコースインで18ラップを周回すると、1分43秒台を6回、1分42秒台を2回記録して、0.069秒差の3番手に入り、参戦5戦目で1列目を獲得。

フリー走行総合4番手のホルヘ・ナバーロは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分43秒台を最多の10回、1分42秒台を1回記録して、0.086秒差の4番手。フリー走行総合8番手のロマーノ・フェナティは、3度のコースインで12ラップを周回すると、1分43秒台を1回、1分42秒台を最多の4回記録して、0.109秒差の5番手。

フリー走行総合10番手のニコロ・ブレガは、11ラップ目に転倒を喫したが、0.132秒差の6番手に入り、2列目に進出。フリー走行総合13番手のフランフアン・グエバラ、フリー走行総合7番手のファビオ・クアルタラロ、フリー走行総合19番手のカイラル・イダム・パウィ、フリー走行総合23番手のファビオ・ディ・ジャンアントニオがトップ10入り。

フリー走行総合1番手のヤコブ・コーンフィールは、0.458秒差の11番手。

フリー走行総合12番手の鈴木竜生は、3度のコースインで17ラップを周回すると、1分44秒台を4回、1分43秒台を3回記録して、0.519秒差の13番手。フリー走行総合16番手の尾野弘樹は、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分44秒台を3回、1分43秒台を5回記録して、0.620秒差の16番手だった。

公式予選
スターティンググリッド

Tags:
Moto3, 2016, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, QP, Aron Canet, Brad Binder, Niccolò Antonelli, Estrella Galicia 0,0, Red Bull KTM Ajo, Ongetta-Rivacold, #FrenchGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ベストスローモーション

7 months ago

ベストスローモーション