初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:ビンダーが2戦連続の優勝

決勝レース:ビンダーが2戦連続の優勝

総合1位の南アフリカ人ライダーが2戦連続の優勝、5戦連続の表彰台を獲得。鈴木は2戦連続の15位、尾野は2戦連続の転倒リタイア。

第5戦フランスGPの決勝レースは8日、ルマンのブガッディ・サーキットで行われ、総合1位のブラッド・ビンダーが4人による優勝争いを制して、前戦スペインGPに続いて今季2勝目を挙げた。

気温19度、路面温度21度のドライコンディションの中、2番グリッドのビンダーは、1ラップ目にトップに飛び出してレースをリード。ゴールラインまで繰り広げられた優勝争いに競り勝てば、5番グリッドのロマーノ・フェナティは、0.099秒差の2位。今季2度目の表彰台を獲得すれば、ウォームアップ走行で週末2度目の1番手に進出した4番グリッドのホルヘ・ナバーロは、0.387秒差の3位表彰台。

3番グリッドのアロン・カネットは、1.354秒差の4位。昨年Moto3ジュニア選手権で優勝した当地で自己最高位を獲得すれば、6番グリッドのニコロ・ブレガ、8番グリッドのファビオ・クアルタラロ、17番グリッドのアンドレア・ミニョが続き、ポールポジションのニッコロ・アントネッリは8位。10番グリッドのヤコブ・コーンフィール、14番グリッドのアンドレア・ロカテッリがトップ10入り。

ウォームアップ走行で29番手だった12番グリッドの鈴木竜生は、2戦連続の15位に進出。

公式予選で10番手だったファビオ・ディ・ジャンアントニオは、フリー走行4での低速走行により、グリッドを3つ降格のペナルティが科せられ、13番グリッドから17位。

ウォームアップ走行で10番手に進出した16番グリッドの尾野弘樹は、17番手走行中の16ラップ目に転倒を喫し、2戦連続の転倒リタイアを喫した。

チャンピオンシップは、総合1位のビンダーが、開幕から5戦連続の表彰台を獲得して、総合2位のナバーロにアドバンテージを24ポイント差に広げた。

次戦イタリアGPは、ムジェロ・サーキットで20日に開幕、22日に決勝レースが行われる。

決勝レース
ライダーズパフォーマンス
ワールドスタンディング

Tags:
Moto3, 2016, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, RAC, Brad Binder, Romano Fenati, Jorge Navarro, SKY Racing Team VR46, Red Bull KTM Ajo, Estrella Galicia 0,0, #FrenchGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ウォームアップ走行:イアンノーネが最速時計

1 year ago

ウォームアップ走行:イアンノーネが最速時計