初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:リンスが2勝目で総合1位に浮上

決勝レース:リンスが2勝目で総合1位に浮上

2番グリッドのスペイン人ライダーが週末を再現するペースを刻んで優勝。コルシ、ルティが表彰台、中上は5位。

第5戦フランスGPの決勝レースは8日、ルマンのブガッディ・サーキットで行われ、総合2位のアレックス・リンスが優勝。第3戦アメリカズGPに続き今季2勝目、中量級で4勝目を挙げ、総合1位に浮上した。

気温21度、路面温度27度のドライコンディションの中、2番グリッドのリンスは、7ラップ目に1番手に飛び出すと、週末のプラクティスで刻んだ安定した走りで周回を重ねれば、3番グリッドのシモーネ・コルシは、1.802秒差の2位。開幕戦カタールGP以来今季2度目の表彰台を獲得。

ポールポジションのトーマス・ルティは、4.608秒差の3位。開幕戦以来今季2度目の表彰台を獲得すれば、5番グリッドのフランコ・モルデビッリは、2戦連続の4位、ウォームアップ走行で今季3度目の1番時計を記録した6番グリッドの中上貴晶は、単独走行で今季の最高位となる5位に進出。

9番グリッドのサム・ロース、11番グリッドのアクセル・ポンス、17番グリッドのハーフィス・シャハリン、18番グリッドのルイス・サロン、14番グリッドのミゲール・オリベイラがトップ10入り。

公式予選で自己最高位の3番手に進出したロレンソ・バルダッサーリは、タイヤの空気圧がパロメータより低かったことから、そのタイヤを履いたラップタイムが取り消され、7番グリッドから4番手走行中の22ラップ目に今季2度目の転倒。レースに復帰して17位でゴールすれば、4番グリッドのヨハン・ザルコは、8番手走行中の17ラップ目に週末2度目、今季3度目の転倒。レースに復帰して24位だった。

8番グリッドのジョナス・フォルガーは、9番手走行中の2ラップ目に週末4度目、今季6度目の転倒を喫して、今季2度目の転倒リタイア。

チャンピオンシップは、総合1位のリンスが総合2位に後退したロースに5ポイント差のアドバンテージを広げた。

次戦イタリアGPは、ムジェロ・サーキットで20日に開幕、22日に決勝レースが行われる。

決勝レース
ライダーズパフォーマンス
ワールドスタンディング

Tags:
Moto2, 2016, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, RAC, Thomas Luthi, Alex Rins, Simone Corsi, Paginas Amarillas HP 40, Garage Plus Interwetten, Speed Up Racing, #FrenchGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
パドックガール

1 year ago

パドックガール