Tickets purchase
VideoPass purchase

クラッチローが今季3度目の転倒リタイア

クラッチローが今季3度目の転倒リタイア

開幕から転倒が相次ぎ、今季8度目の転倒から3度目の転倒リタイアで、4度目のノーポイント。

LCR・ホンダのカル・クラッチローは、第5戦フランスGPの決勝レースで、9番グリッドから10番手走行中の7ラップ目に最高峰クラスで最多タイとなる今季8度目の転倒。今季3度目の転倒リタイアを喫し、総合18位から20位に後退した。

初日は午後の転倒が影響して総合12番手だったが、RC213Vの好感触を得られたことに嬉しい驚きを憶え、2日目は10番手、8番手に浮上。予選ではフロントの激しい挙動に見舞われて9番手。決勝レースでは、6人による6位争い中に転倒を喫した。

「当然、非常に残念で、0ポイントは僕にもチームにも厳しい結果だ。完走が非常に厳しい仕事であったことは、誰の目から見ても分かると思う。フロントにハードコンパウンドを選んだ。路面温度に対する最善の選択だと考えた。タイヤ選択は正解だったけど、他のファクトリーバイクを走らせるライダーたちを追いかけることが難しかった。」

「ポジティブな面を見る必要がある。僕たちは週末に良い仕事をしたと感じる。仕事を継続する。ホンダは僕たちのために懸命に働いている。問題の解決に向けて、最善の情報を提供し、一緒に懸命に働こう」と、厳しい状況の中で前向きな姿勢を崩さなかった。

Tags:
MotoGP, 2016, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, RAC, Cal Crutchlow, LCR Honda, #FrenchGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
パドックガール

7 months ago

パドックガール