初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、課題は最終セクター

ロッシ、課題は最終セクター

午前の徹底したスタート練習を繰り返した後、午後はバイクのバランスを追求。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは第6戦イタリアGPの初日に、フリー走行1でスタート練習に徹した後、フリー走行2は、最多の20ラップを周回すると1分49秒台を5回、1分48秒台を6回記録して、トップタイムから0.644秒差、2番手から0.183秒差の6番手に進出。

「ここは常に難しい。ムジェロはベストトラックの1つだけど、危険で要求が厳しいトラック。非常に速いから勇敢になる必要がある。グレートなレイアウトだけど、正しいセッティングを見つけるのが難しく、不運にも天候により、午前のプラクティスを失ってしまい、まだバイクのバランスはOKではない。問題は全員が非常に接近していること。特に最後のセクターが速くないから、改善が必要だ。」

「午前中は時間を無駄にしたくなかった。今年はクラッチに問題があるから、スタートを練習する機会に充てた。幾つかの解決策を試したから、重要なテストとなった」と、初日を振り返り、課題を説明した。

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, FP2, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, #ItalianGP, Reaction

Other updates you may be interested in ›