初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:イアンノーネが最速時計を記録

フリー走行3:イアンノーネが最速時計を記録

イアンノーネ、マルケス、ビニャーレス、エルナンデェス、ロレンソが続き、ロッシは8番手、ドビツィオーソは12番手。

第6戦イタリアGPのフリー走行3は21日、ムジェロ・サーキットで行われ、アンドレア・イアンノーネが週末2度目、今季8度目のトップタイムをマーク。開幕戦カタールGP、前戦フランスGPに続き、今季3度目のフリー総合1番手に進出した。

気温18度、路面温度24度のドライコンディションの中、初日総合1番手のイアンノーネは、3度のコースインで20ラップを周回すると、1分48秒台を6回、1分47秒台を1回、1分46秒台を1回記録。1分46秒991の1番時計を刻んだ。

初日総合5番手のマルク・マルケスは、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分48秒台を5回、1分47秒台を4回記録して、0.089秒差の2番手に浮上。

初日総合7番手のマーベリック・ビニャーレスは、4度のコースインで19ラップを周回すると、1分48秒台を4回、1分47秒台を2回記録して、0.189秒差の3番手。

初日総合14番手のヨニー・エルナンデェスは、4度のコースインで17ラップを周回すると、1分48秒台を3回、1分47秒台を1回記録して、0.336秒差の4番手に入り、今季の最高位に進出。

初日総合2番手のホルヘ・ロレンソは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分48秒台を5回、1分47秒台を最多の6回記録して、0.402秒差の5番手。初日総合12番手のダニロ・ペトルッチ、初日総合15番手のブラドリー・スミスが続く。

初日総合6番手のバレンティーノ・ロッシは、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分48秒台を最多の6回、1分47秒台を4回記録して、0.549秒差の8番手。初日総合11番手のダニ・ペドロサ、初日総合3番手のミケーレ・ピロがトップ10入りで、公式予選2に直接進出。

初日総合9番手のカル・クラッチロー、初日総合13番手のアンドレア・ドビツィオーソ、初日総合8番手のスコット・レディングまでが1秒以内に進出。

初日総合4番手のアレイシ・エスパルガロは、1.055秒差の16番手。初日総合10番手のポル・エスパルガロは、13コーナーで今季3度目の転倒を喫して、17番手に後退。

初日総合17番手のティト・ラバットは、1ラップ目の13コーナーで今季3度目の転倒を喫した際に左鎖骨を骨折。近郊の病院に搬送されることになった。

フリー走行3
フリー走行総合

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, FP3, Andrea Iannone, Ducati Team, #ItalianGP

Other updates you may be interested in ›