初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ:「ファンの前で大変恥辱なことだ」

ロッシ:「ファンの前で大変恥辱なことだ」

優勝争い中に技術的な問題により、大観衆の前でリタイアを強いられた。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第6戦イタリアGPの決勝レースで、ポールポジションから2番手走行中の10ラップ目にエンジンが破損したことからリタイアを強いられ、ポイントリーダーとのギャップが37ポイント差、総合2位とは27ポイント差に広がった。

「レースでバイクの問題が発生してしまうことは、常に残念なことだから、大変恥辱なことで、それもムジェロ、ファン前で起こってしまった。高い戦闘力で、非常に速く走れていた。グッドなスタートを切り、上位に位置していた。グッドなフィーリングがあり、ストロングなペースだったから、優勝争いができたと考える。」

「チャンピオンシップにおいて、この0ポイントは残念。ロレンソとマルケスは、1位と2位で終わってしまい、ギャップは厳しい。週末を通じて戦闘力があったことはポジティブ。優勝争いができただろう。しかし、前を見なければいけない。カタルーニャは、お気に入りの1つ。そのレースを考え必要がある」と、気持ちを切り替えて次戦に集中することを説明した。

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, RAC, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, Reaction, #ItalianGP

Other updates you may be interested in ›