初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マルケス:「スリップストリームで抜けなかった」

マルケス:「スリップストリームで抜けなかった」

スリップストリームで抜けず、スリップストリームで抜かれ、加速の改善を強調。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第6戦イタリアGPの決勝レースで、4番グリッドからホルヘ・ロレンソとの優勝争いを繰り広げて、0.019秒差の2位に進出。転倒を喫した前戦フランスGPの後で、今季5度目の表彰台を獲得した。

「グッドなレースだった。優勝に接近して、表彰台で終えることができた。これはポジティブだけど、スリップストリームを利用しても、ホルヘを抜くことができなかった。週末を通じて、特にアクセレーションとトップスピードで苦戦。全力でトライし、今日できる中でベストを尽くした。」

「優勝するために、大きなリスクを背負ったけど、スリップストリームで抜かれてしまった。加速の改善に向けて、仕事を続ける必要がある。ホンダは懸命に働いているから、次戦に向けて一歩前進しよう」と、課題の改善に向けて仕事の継続を強調した。

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, RAC, Marc Marquez, Repsol Honda Team, Reaction, #ItalianGP

Other updates you may be interested in ›