Tickets purchase
VideoPass purchase
News
25 days 前
By Team Suzuki Ecstar

スズキが2日間のプライベートテストを実施

オースティンに続き、シーズン中2度目のプライベーテストで、スペック違いの2タイプのシャーシを投入。

チーム・スズキ・エクスターは26日、最終戦バレンシアGPの開催地、リカルド・トルモ・サーキットで実施した2日間のプライベートテストを終了。マーベリック・ビニャーレスとアレイシ・エスパルガロは、トラクションとグリップの向上を目的に新たなセットアップを追求。投入されたスペック違いのシャーシ、ジオメトリー、セットアップ、電子制御の検証にも取り組んだ。

総合5位に進出するビニャーレスは、「このプライベートテストから利益なことが得られたから、僕たちにとってポジティブなテストとなった。より効果的なトラクションを見つけることが必要で、他の分野を改良するために沢山の仕事を進めた。スズキファクトリーは、テストのために沢山の部品を送ってくれたから、シャーシの改良とセットアップにトライした。」

「将来の方向性を決定するために、役に立つだろう大量のフィードバックを提供した。GSX‐RRは高速コーナーや敏捷性といった確かな分野においては、すごく良いマシンだけど、他の分野が不足している。グッドなバランスを見つけ、もっと良いパフォーマンスができるように働こう」と、テストを評価。

総合6位のエスパルガロは、「ムジェロの週末はタフだったけど、テストは常に重要。僕たちはまだ開発段階で、可能な限り早く成長する必要がある。テストする沢山の部品があり、ファクトリーは全面的に僕たちを支援するために懸命に働いている。」

「2タイプのシャーシがあり、1つはすごく良いフィーリングをもたらしてくれたから、一歩前進した。当然、オプションをさらに検証する必要がある。バルセロナでこの作業を継続しよう。僕たちは絶えず進歩している」と、確かな手応えを得たことを説明した。