Tickets purchase
VideoPass purchase
News
17 days 前
By Team Suzuki Ecstar

ビニャーレス、4位進出で総合5位を堅守

ホームレースで4位、5位争いを繰り広げ、5戦連続6度目のトップ6入り。

チーム・スズキ・エクスターのマーベリック・ビニャーレスは、第7戦カタルーニャGPの決勝レースで、6番グリッドから4位に進出。総合5位のポル・エスパルガロ、総合7位のアレイシ・エスパルガロとのアドバンテージを13ポイント差、23ポイント差に拡大した。

「最終的なレース結果が嬉しい。終盤にリアグリップと格闘する必要があり、もしかしたら、全体の利益を得られることができなかったかもしれない。本当にグッドなジャンプでリーディンググループに接近。ラップは安定して速かったけど、5番手、4番手に進出するために、タイヤのストレスを抱えながら何度もオーバーテイクを繰り返してしまった。」

「もし、スムーズにオーバーテイクができていれば、表彰台争いが許されるペースがあったから、嬉しいけど、残念。リアグリップ不足に時間を費やしてしまった。明日のテストで、その仕事に取り組もう。どのように改良して行くのかを理解するために、進化型のシャーシにトライしよう。まだ改善の余地があるけど、全体的にはこの4位が嬉しい。金曜に他界した友人、ルイス・サロンを憶えるには良い方法だ」と、ホームレースを振り返った。