Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By Yamaha Motor Racing

ロッシがアジア出身のヤングライダーたちを指導

ヤマハが選出した5名のヤングライダーたちを提携先のVR46ライダーズアカデミーに派遣し、トレーニング合宿を実施。

ヤマハ発動機は10日、今年3月に3年間のオフィシャルパートナー及びモーターサイクルのオフィシャルサプライヤーとして契約を結んだバレンティーノ・ロッシ主宰のVR46ライダーズアカデミーに、ARRCアジアロードレース選手権のアジア・プロダクション250に参戦する5名のヤングライダーたちを派遣することを発表した。

初開催となる今回は、同選手権第3戦までのランキング及び年齢などを考慮し、インドネシアから2名、タイ、マレーシア、日本からそれぞれ1名ずつを選出。日本からは、ランキング8位の南本宗一郎(16歳)を指名。

7月4日から8日まで、イタリア・タヴッリアに滞在し、ロッシとインストラクターの指導の下、同アカデミーのヤングライダーたちと一緒にモーターランチやミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリなどでトレーニングプログラムに取り組む。