Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By Repsol Honda Team

マルケス:「表彰台争いにトライしよう」

最高峰クラスで2位、優勝、2位を獲得したアッセンに、ポイントリーダーとして挑戦。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、前戦カタルーニャGPでクラス最多となる6度目の表彰台を獲得して、ポイントリーダーに返り咲いた後、オフィシャルテストでHRCが準備したニューシャーシをはじめ、電子制御の解決策に取り組んで8番手に進出。

昨年ゴールライン手前のシケインまで優勝争いを繰り広げて2位、2年前に独走優勝、最高峰クラス1年目に2位、さらに、2011年と2012年(Moto2™クラス)、2010年(125ccクラス)に優勝したTTアッセン・サーキットで、タイトル争いのライバルたちとのポイントアドバンテージを広げに行く。

「僕のライディングスタイルにすごく適応するトラックだ」

「前戦の後で2度の週末を過ごし、レースから少し離れることができた。先週の火曜には、オーストリアGPの開催地でRC213V‐Rで周回する信じられない体験を楽しんだ。アッセンの番が回って来たことが嬉しい。すごく楽しく、僕のライディングスタイルにすごく適応するシーズン最初のトラックだ。」

「バイクをステップ・バイ・ステップで改良しているから、アッセンでもグッドなセットアップを見つけるために、最初のセッションから懸命に働き、表彰台争いにトライしよう。天候は予想不可能だから注意しないと。週末の最初から速く走れるようにトライしよう」と、週末の目標を説明した。