Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Repsol Honda Team

マルケス、3戦連続の2位で24ポイント差に拡大

チャンピオンシップにおいて、ポイントリーダーの座を強固とする今季7度目の表彰台を獲得。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第8戦TTアッセンの決勝レースで、4番手からトップグループを追い上げた後、5番グリッドから迎えたレース2では、チャンピオンシップを考慮した走りに徹底して、優勝者から1.991秒差の2位。3戦連続7度目の表彰台を獲得し、総合2位のホルヘ・ロレンソに対して、アドバンテージを10ポイント差から24ポイント差に拡大した。

「今日のようなレースは、多くのポイントを失うか、稼げるかのどちらか。この2位は優勝のようだ。」

「今日のようなレースは、多くのポイントを失うか、稼げるかのどちらか。アドバンテージを得るためにリスクを冒すか、チームが40回も繰り返して僕に言い聞かせたように、ポイントを可能な限り失わないようにするか、どちらかのメンタリティを持って挑むことができる。」

決勝レースインタビュー

「僕はまさにそれを実行した。バレンティーノから大きく離されないようにするために、常にトップ5を維持し、完走するためにミスを犯さないことを心掛けた。最初のレースは快適さを感じられず、上位陣から引き離されたけど、そのギャップを挽回することができた。レースを中断させたのは良かったと考える。非常に危険だった。レース2は、もう少しだけプッシュすることを考えてスタートしたけど、バレンティーノとドビツィオーソを追いかけないことを決めた。彼らは非常に速かったけど、その後に2人とも転倒した。」

「ミラーが接近したとき、彼が初優勝に挑戦して来るのは分かっていたから、前に行かせて、2秒差を維持することを選んだ。ホルヘが遠く、バレンティーノがリタイアしたから、3番手との距離をコントロールした。この2位は優勝のようだ。ポイントリーダーとして、ポイント差を広げて、アッセンを後にする」と、チャンピオンシップにおいて重要な2位を獲得したことを説明した。